女性プログラマが働く現場の状況

プログラマとしてのスキルを持つ女性にとって、IT業界の最前線で開発の仕事に携わるのは、門戸が狭いキャリアパスとなっています。
開発現場の最前線で働くには時間と体力とが重要であり、若い力が必要とされています。
しかし、その時期は女性にとって結婚や出産の適齢期ともなっていることから、最前線で働いている矢先に職場を一時的にでも離れなければならないという状況が生まれてしまうリスクがあります。
プログラミングの世界において、他のプログラマが記述したコードを解読するのは困難を極めることも多く、かえって1から開発をし直した方が早いことすらあるほどです。
そのため、やむを得ない事由とはいえ、開発の最前線から突然離脱されてしまうことは企業にとって痛手であり、なかなか若くて有能な女性を開発の最前線に投入できないのです。

そのため、企業にプログラマとして就職すると多くの場合には、サポート的な役割を果たすことになる傾向があります。最前線に投入される場合には、そのデバッガとして起用されたり、周辺で必要になる小規模なプログラムの開発を行ったりするのが一般的です。
あるいは長期的なプロジェクトではなく、開発が終了すればその後のプログラムのバージョンアップ等の必要性もない単発的な企画がある場合には、そういった現場に投入される傾向があります。
そういった短期間で現場から離れることになってしまっても、リスクの少ない現場での活躍が期待されているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。