女性が抱くIT業界参入への不安

世界的に重要な位置を占める業界である、IT系の業界に興味を持つ人は多いものの、実際に仕事に就くには躊躇してしまうことはよくあります。
典型的な仕事として、プログラマとしてシステムやゲーム等の開発に携わりたいというものがありますが、その仕事を実際に担っていけるかどうかが不安になってしまうのです。
一般的に言われていることとして、毎日が残業となり、休日も仕事に勤しんでいかなければならない状況に立たされてしまうのが常であり、仕事を全てに優先しなければならないという話があります。
これはある意味正しく、開発に際して早さも求められることから、体力勝負となる面が否めないのがプログラマの仕事なのです。

そういった面が女性にとっては特に大きな不安につながり、IT業界に参入する際の大きな障害となっています。概して男性に比べて、女性の方がプライベートの時間を重視したいと考える傾向が強いことから、それをないがしろにして、仕事に携わらなければならない状況で頑張っていけるかが不安になってしまうのです。
また、結婚して家庭を築くことを考えると育児や家事の必要性が増大することから、忙しい仕事と家庭との両立が難しいと考えてしまうでしょう。
競争の激しいIT業界の開発現場でプログラマとして働くのにはそういった不安があって、女性の進出が難しくなっているのです。勤務環境の改善がなされない限りは、こういった男女構成比の問題は続いてしまうと予想されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。